埋没法後の冷やし方 あれこれ

ドクター松井クリニック 松井です。

前にも何度か
「埋没法後の冷やし方」については書いていますが
聞かれることが多い質問なのでまた改めて記そうかと思います。。



僕は切開法の場合は、しばらくの間はとにかく冷やした方が、といつも伝えています。
でも埋没法の場合には無理に冷やさなくても、と伝えています。


実際、腫れを減らすような手術をした場合
冷やしてもそこまで大きく腫れの引き方は変わらないです。
切開のようなダメージの多い手術の場合には冷却が非常に大きく意味を持つのですが
細かな機材や丁寧な施術によってダメージが少なければ
冷やしてもそんなには変わらない、と言えるのです。


埋没法でひどく腫れているパターンは
ダメージが多いケースもあるのでしょうけれども
もっと主要な原因としては
糸の締め付け方です。
結び目はもちろんゆるまないようにしっかりしなくてはいけないのですが
ぎゅーっと目の組織を締め付けすぎるような埋没糸のつけ方を行うと
ダメージは凄く少なくても、目の開きをものすごく悪くすることができるのです。
糸によって人工的に眼瞼下垂のひどい状態を生んでいるのです。
これが手術直後で目が慣れていなくて、一時的に目の開きが重くなっているだけなら良いのですが
目を閉じたとき、食い込みが陥没するくらい跡がわかる感じだと
強く糸が締め上げ過ぎていて
ずいぶん時間が経っても目の開きが悪く、変に腫れぼったく見え続ける、なんてパターンが
腫れのひどい埋没法の良くある例です。
こんなパターンの場合、糸を抜去してあげれば、すごく状態が改善します。
変な糸のつけ方をするとこういった理由ですごく腫れて見えてしまうわけです。
ダメージで腫れている、というわけでなく目が下がって腫れて「見えているだけ」なので
これでは冷やしてもなにも変わらないです。


ダメージが少なくなおかつ
適切な糸のつけ方をすれば
腫れ、および腫れぼったく見えるのを
すごく少なくしたり、短期間で済むようにしたりできるわけです。
そういった手術を行っていれば
無理に冷やさなくてもよい、とまで言えるかと。


さらにいろいろ述べていくと・・
埋没法の場合、直後は糸を通したまぶたの部分に触りたくない、と僕は考えています。
実際問題として糸が感染してしまう確率は
触っても低いだろうし、誤差程度にしか増えない可能性もありますが
可能性がある以上、触れないのが手かと。
ここは慎重にいってよいだろう、と。
感染すると、しばらく経ってから腫れがでたり、膿がたまってしまって痛くなったり
悪いケースでは跡が残って変な二重まぶたラインがでるようになってしまったり
となるのではやめに糸を取り出すことが必要になる、というように厄介だからです。
(糸を取らないと、良くなっても繰り返すケースがほとんどです)


なので、変に冷やそうとして触ってしまうくらいなら
冷やさなくてもよい、触らないようにしたい、ということで
「冷やさなくてよい」という言い方になっているのです。


ただ、細かく言えば
もちろん埋没法には少ないながらもダメージがあります。
あとは内出血も後で増えてくる人もいます。
そういった点でいえば、やはり冷やすほうがいいにはいい。


糸を通した創部に触れないように冷やすには
一番簡単なのは少しずらすこと。
額から眉毛の部分を冷やしたり
血管の走行を考えると、とこめかみあたりを冷やすのも良いかと。
直接傷に触れないようにするパターンです。
現実的なのはこれかなと。
アイスノンもありだし
冷たい水をビニール袋に入れて冷やすのも良いです。


腫れはゼロではないわけですし
ちょっと腫れてても心配になるひともいます。
内出血がちょっと多めに出ているケースもあるかもしれません。
ちょっと時間が経てば問題なくなるものですが
冷やさないと不安だよー!!という人や
少しでも何かできることがないかな!?と思う人には
ひとつこういった方法が簡単でおすすめかな、と。
是非参考にしてみてください。

長くなってしまったんで続きは次回に記そうと思います。
次回にはさらに考えた冷やしの裏ワザも書いてみようかと。
ではでは次回。


スポンサーサイト

手術が終わった後も気を抜かず。

初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい
質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




昨日は遠方も遠方、海外在住の方が来られました。


遠くからありがとう!とよろこんでばかりもいられません。
やはり問題となってくるのは術後のケア。



非常に低い確率で糸の部分に雑菌の感染がおきてしまうことがあるため
注意に注意を重ねることが必要。



近いから感染していい
遠いから感染しないように慎重に
ということは無いですが
やはり遠方から来られる方はとくに意識してもらいたい。
いや、遠近かかわらず全員ですね。



ごく初期はいじらないのが吉。
はっきり言ってすぐ化粧したりいじくっても
何も起きない確率のほうが高いです。
でも、注意したときの確率とは全く違うと思います。


僕は2日アイメイクをしないで、という指導をしています。



雑菌の感染があると
変に糸が出てきてしまったり
糸の部分がものもらいのすごく強いものくらい腫れてしまったり。
いずれにしても治療の必要があります。


治せるものだけど
出来れば
無いほうがいい。


だから術後の注意点が大事なわけです。



コンタクトについては関連記事を載せておきます。
コンタクトレンズの使用についてはこちらをクリックして読んでみて下さい


今回の患者様とは
脅すわけじゃないですが
気をつけないとああなる、こうなるを中心にいろいろと話し合い
手術をしよう!と言う結論が導き出されました。
きちんと話し合って考えていけば、よい結論がでる。
それは良い結果につながる、と僕は思っています。


きっと納得のいく結果だったと確信します。




PS
拍手コメントへの返事です。


>あささん
ぜひご連絡の上、いらしてください!


>0227さん
喜んでもらえて何よりです。
目薬はもうストップしても大丈夫ですよ!


>MAYUMIさん
2年前に受けられた方のメッセージびっくりしました!!
今も元に戻らず良いライン、ということでこちらも嬉しいです!!
本当に嬉しい!
このブログもお時間ある際にまた読んでくださいね。



>咲さん
目が重くなるようなケースは
眼瞼下垂という症状の場合もあります。
夕方のほうが目がひらきづらくなる、といった感じです。

術後の注意あれこれ

初めての方はこちらを読んでみて下さい



埋没法手術後の注意点として大事なのは

何度も書くように

☆ 化粧(アイメイク)をしない、触らない→2日
☆ 強くこすらない→1ヶ月~1ヵ月半


といったところ。
切開法の場合はメイクは抜糸の次の日からですね。



後は腫れを早く引かせる&強くさせない ために

× あっためる、血行を良くする
○ 冷やす(冷やしすぎはあまりよくない)

という感じで
お酒、入浴は血行を良くするので、数日は控える(シャワーは問題なし)
といったところです。



今日ブログを見てきてくださった患者様は
1週間後から海外に行く、とのことでした。


南国で、海に入ったりすることを心配していましたが
この点については問題なし。

とにかく最初の2日くらいの間、汚さないのが大事であって
3日位過ぎてしまうと、雑菌が中に入ることは出来なくなります。
だから安心して遊んで大丈夫です!!
楽しんできてください!!


ただ、それまでの間に感染すると
1~2週間くらいで 赤くなったり痛くなったりするので
症状があったら早めにいらしてもらって、が大事です。
(こうなるパターンは非常に確率少ないので念のため、のはなしですけどね!)


「何かあったらきてもらう」それがキーワードです。



PS
とりあえず海外旅行うらやましい!
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR