FC2ブログ

目に合ったライン、理想のライン


初めての方はこちらを読んでみて下さい




その方の目に合っているライン=その方の理想のライン
というわけではないのが難しいところ


目に合っている、というのは身体的な意味であって見た目という観点ではないです。
だから難しい。



埋没法には限界はあります。
広く出来るのはここまで、というようにその人その人で決まっています。
診察でそれを判断していく、というわけです。


その上で....
無理なラインの場合はやはり断念しなくてはなりません。

断念も、ラインを下げる妥協案での手術をするケース
全くあきらめるケース
とありますが
下記のような戦略でいくこともあります。




まぶたが厚いかんじ=目の上の脂肪が多い場合は、脂肪取りを視野に入れることはあります。


脂肪取りを最初から組み込むケース
まずは埋没法でチャレンジして、どうしても戻るのが早い場合に、脂肪取りを追加して行っていくケース
いろいろ考えられます。



それでも厳しい場合
もしくは、脂肪がもともと少ない方=脂肪を取ってしまうとひどいくぼみ目になってしまうのが予想されるケース
(脂肪取りをする意味がないし、デメリットになる)
では、やはり切開法(全切開法)を考えなくてはいけません。



全切開はかなりの回答です。
広いラインをどうしても欲しい、という方の場合は検討は必要かと思います。
身体的な意味で目に合ってなくても、構造を作り直すような感じで
広い希望するラインを得られるのが切開法です。
そうすれば戻る心配はしなくていいわけです。
(ただ、ダウンタイムはどうしてもながくなります)




無理のないラインは埋没法でも戻りにくいので問題は無いですが
広めの場合、もしくはまぶたが厚くてなかなかラインが出にくい場合は
こういったことをいろいろ踏まえて、考えていくわけです。



自分の理想をどこまで追うか。
カウンセリングでそれを検討していくわけです。
完成形からしっかり考えていけば、必要な手術もわかります。
医師、患者で話し合い、共に考えることが大事です。



たとえば埋没法だけで考える、なんてときには
「無理なものは無理」をはっきり言います。
口がうまいわけではないので、よく思わない方もいるかもしれないのですが
甘い嘘をついて結果が全然ダメ!、なんてのよりはいいと思うのです。
でももうちょっと口もうまくなるようにがんばらねば!、ですね。努力。





PS 常々 目頭切開について、を書きたいのだけれども
いつもカウンセリングでは図をかきながら&書き加えて、で説明するので
どうやってブログに書けばいいか悩み中。
むずかしい!
今日も目頭切開のカウンセリングしながらそんなことを思いました。

再手術について

初めての方はこちらを読んでみて下さい





ラインが薄くなってしまった場合
もしくはまるっきり消えてなくなってしまった場合

再度 糸をつけてラインを出すことは十分可能です。


糸の付け直し、再手術 といわれるものです。


腫れに関しては
初回よりも増える、という意見もありますが
何ともいえません。
ちょっとだけの補強の場合は極小の腫れで抑えられることも多いですし
そのときそのときでやや腫れについては変化します。
なるべく腫れにくいように細心の注意をはらっていくのは、初めての手術でも再手術でも一緒です。



元に戻ってしまったとき、どうしてもまた極端に腫れてしまう
というのでは困ってしまいます。
だからこそ「腫れない手術」は有効なのです。





「何回くらい再手術は可能なのか?」という質問はありますが
明確な答えはありません。
ただ、何度も何度も 短期間で戻るのを繰り返す場合は
ラインの幅を狭くして手術を行ったり
切開法の施術に変える、といったことを行う必要があります。



やはりラインが広くて目にあってない場合は元に戻りやすいので
そこは考えていかなくてはなりません。







「糸が取れる」ってなに?

このブログを読んでくれている人
口コミで見た、という人
最近はいろいろな人がカウンセリングに来てくれてます。


今日来た人は全部読んだ、と言ってくれました。
嬉しいですね!



今日は「糸が取れる」ってどういうことですか?
という質問を受けました。
埋没法で「糸が取れる」は「元にもどる」ことを意味しています。
前も書いたかな?(どうだったかな)でも改めて書きます。



ライン全部ではなく一部だけ元に戻ったり
ラインはなくなってないけど全体的に薄くなっていたり
もしくは完全に元通り(手術前の状態)に戻っていたり。


という状態ですね。



糸に負担がかかればかかるほど、少しずつ糸がずれてしまう現象です。


まぶたの中で糸がかかっている部分は、鉄や木材のように硬いわけではないので
だんだんとずれてしまうのです。
(カウンセリングのときよく話すのは、机に手をかければひっぱれるけど、豆腐だったらずぶずぶ手がはいっちゃって引っ張れない、という例えです。糸をつけている部分は豆腐ほど柔らかくないですけどね!)



糸がだんだんとずれてくると引っ張りきれなくなってしまうときがある。


そして上記のような状態、しっかりしたラインが出なくなるのです。
この場合、付け直し=再手術をすることが可能です。
(場合によってはラインが元に戻りやすいので、狭く付け直すことも考えます。)



糸に負担のかかりやすい状態って?というと
その人にとって広すぎる幅でラインを作っているときです。


じゃあどんなラインなら問題ないか?
どんなラインは元に戻りやすいか?
それはカウンセリング時のシミュレートでわかるので
気になる方は来ていただき、診察するのが一番でしょう。





プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR