痛いのかな、という怖さを乗り越えよう。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近は写真の掲載が主ですが、前の方にはいろいろなテクニックや説明などが書いてあります。
ぜひ読んでみてください。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今日は前々からよく書いている痛みについて。


他の手術の痛みについての記事はこちらから、いろいろ書いているので読んでみてください。



やっぱり痛いのって怖い。
経験したことないからどれくらい痛いのかわからないから怖い。


ネットで検索してみると
「むちゃくちゃ痛かった!」「痛くて二度とやりたくない!」などなど怖いこと書いてあるし


だからやめておく、という人もたくさんいると思います。




上記の様にネットで人の書いていることは
本当だと思います。ウソなし、の意見。
ほんとにめちゃめちゃ痛かったのでしょう。



でも、全員にあてはまるか、というとそんなことは無い。



なぜ?というと
施術者の考え方や方法によって、痛みにはかなりの差が出るからです。

痛みは減らせます。必ず。




痛みは大部分は減らせます。
ゼロにはならない、としてもほとんど問題にならないくらいのものでしかありません。


機材にこだわったり
時間をかけたりすることだけでも
痛みは全然質の違うものになります。

あとは僕はガスの麻酔も非常に有効だと考えています。
注射の時だけでも多少ぼやっとして痛みを減らす。
笑気ガス、というものですね。
笑気ガスの記事はこちらから。





そしてよく話題になる
「まぶたの裏にも注射して、それが異常に痛い」、という意見。
これはやり方次第です。
なにも工夫せずに注射すると、これはそうとう痛いです。
これについて書いている人はネットにいっぱいいると思います。
でも、この異常な痛みは、ほとんど無しにできます。

ちょっとした工夫(裏ワザ)で
裏の注射に関しては、痛みがゼロになる人のほうが圧倒的多数です。

これは本当に本当。

まぶたの裏の注射に関してはこちらの記事をどうぞ。(写真つきです)



”細かいところにこだわらない、時間をかけない”
という方針のもとで施術を行う場合は、痛みは強くても当たり前です。
それは仕方ない。
でもその痛みを感じるのは無駄だと思うわけです。



こだわる、というのはきりがないから難しいです。
ゴールがない。
でも根気。


「腫れない」をめざすことに果てはないように
「痛くない」をめざすことにも果てはありません。
でも、かなりの痛みは減らせます。
怖がる必要のあるレベルの痛みではない、ということは断言できます。



痛そうだから受けない、という考えだったらもったいない、と僕は思います。
そこは病院選び、医師選びが重要なのです。





この感じの内容は前からなんども書いていますが
言い尽くしても言い尽くせるものではないので繰り返し書いています。
「痛いのが怖い」を乗り越える勇気を持つための
一つの手助けとして
このブログが役立てば、本当に嬉しいです。



実際、ブログを見て、「安心してこれた」「決意できた」
そう言って下さる方もいらっしゃいます。



どこかの人みたいにブログの言葉がウソにならぬよう
こちらは頑張り続けるだけです。





モニターも募集しています。
詳しくはホームページをチェックし見てください。 
モニターについていろいろ知りたい方はクリックしてこちらも読んでみて下さい

スポンサーサイト

再び痛みに関して。

今日は繰り返しの内容ですがまた書きます。
繰り返して強調して伝えたい事実。



初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい


やはり手術前に言われるのは
「痛いのがこわい」


初めてのことだし
得体が知れないので怖いのだと思うし

そもそも目を触られることも普段はないし
”手術”という響きそのものが怖いのではないかと思うわけです。


この怖さのせいで”痛み”はけっこう大きく予想されてしまっているわけです。



でもこれは過大評価。



実際、ちょっとの工夫で痛みはそんなに極端なものでもなくなります。

まぶたの裏側に麻酔をするのですが
いきなり注射するとむちゃくちゃ痛い。
これもよく聞かれます。
インターネットでいろいろ探して体験を書いているブログで「裏側に注射されて死ぬほど痛かった!」
というのがよく書いてあるそうなのです。

これに関してはひとつ信じてほしい。
裏ワザでこの裏側の注射の痛みはほぼゼロにできます。
信じて来てくれた人がとくをします。嘘じゃないよ。
効果が高いからこそ「裏ワザ」として使えるわけです。
「死ぬほど」→「ほぼゼロ」というワザはいいワザではないかと。(ここには詳細は書きません。裏ワザだから)
ちょっとだけ時間がかかるので
手術のスピードの速度命のクリニックでは使えないワザでもあります。





たとえ、ガス麻酔(笑気ガス)が無かったとしてもいけます。
ガス麻酔についてはこちらをクリックして読んでみて下さい


そこにガスが加わればけっこう痛みは抑えられます。
これで表の注射の痛みも減らせます。
ゼロではないにしてもすごいものでもなんでもない。



痛みは減らせます。



痛みが抑えられるとして
あとは恐怖心。



ここに関して言えば、僕はよくこういうことをカウンセリングで言います。
どうしても嫌だ、という人は手術を受けないのが一番だと思います。
ただし、「痛み」が大きいのを予想して受けないのであればそれはもったいない。


なぜなら痛みはほんとに減らせるから。



数多くの人たちがみなさん乗り越えていることなので
大丈夫です。



だからラインがほしい人は勇気をだしてほしいと思う。



勇気が出るように僕はここで情報を発信し続けます。





PS

>Kさん
難しいところですね。。。
機材によらずに腫れをへらすことは可能です。

でも究極的に言うと
同じことをする場合は
こだわった機材はあきらかに腫れに関与してきます。

糸をつける位置に関しては僕個人はその人の目と求めるラインによって決めています。



>のんさん
お仕事をしている方の場合は
切開法は厳しいと思います。
「2週間」時間がとれたとしても厳しいケースが多いのです。


二重まぶた埋没手術 「痛くない・腫れない」 はリンクする

痛みについてはいろいろ今までも書いてきましたが、質問があったので改めて。



初めての方はこちらを読んでみて下さい



注射を丁寧にすることは痛みを減らすだけでなく、ダメージが軽減されて腫れの少なさにつながります。
太い針を使用してババッと適当に注射すれば、時間は速いです。
ただ、単純に針が太いだけでも痛そうですよね。
ごく細い針によって傷みは軽減できます。
最小限の動き、刺入であれば傷つく部分も少ない。
適当に深く刺すとそれだけでも傷つく部分は増えてしまい、血管が大きく損傷されると内出血が強く出てしまうのです。



細かい作業は大雑把な作業にくらべ、面倒で時間がかかります。


でも人の顔のことなのに
大雑把に行うのってどうなのかな?と。


僕だったらそんなところでやりません。
そこで丁寧にしてもらえないのであれば
何か起きたとき(雑菌がはいって感染してしまう、元に戻るetc)にも丁寧に対応してもらえるとは到底思えないからです。


事前にここは丁寧、ここは雑、とわからないのがクリニック選び、医師選びの難しいところ。


僕が「丁寧な施術をこころがけます!」といくら言ったところで
どこのホームページにもそんなようなことが書いてありますし。



どんなに丁寧に精密に行っても内出血が多少出ることもあるし、全く腫れないわけでもない。
ただ、雑に行えば結果は火をみるよりも明らか。



真剣に「腫れない手術」を目指したって疲れるだけじゃない?
と言ってくる人もいるわけです。
でもまあ疲れようが疲れまいが、そもそもこちらの勝手(笑)



腫れないほうが好きだからそうしようとしてるだけです。



施術する医師が器用だ、とかよりも、いかに自分のことを思ってくれるか、でしょう。
器用=丁寧ではないから。




よくカウンセリングで言うのは
注射の痛みを怖れて手術を受けないのだったら損。
ということ。
ここは本当にかなり抑えられます。


ちくっとする、という人もいるとは思いますがそのくらい。(それがこわいのでしょうけれど)
さっき書いたような針の細さの点、丁寧な操作の点
そして笑気ガス(鼻から吸うガスの麻酔)。っ笑気についての関連記事はこちらから
あとはちょっとした裏ワザの数々で痛みは絶対軽減できます。


どんなにちょっとの痛みも絶対嫌!!というのなら別ですが
そもそも日常暮らしてる上でちょいちょい出会う痛みでもっと大きいものはいくらでもある、というくらいです。
せっかくだから頑張ってみましょう。


勇気をだして大丈夫。




いろんな体験ブログに書いてある、「まぶたの裏側の注射をされたとき死ぬほど痛かった!!」は実際のとっころ誇張ではない。工夫しなければ本当に痛いです。
でも常々書いているように、この裏側麻酔注射の痛みはほぼゼロにできます。
だから怖れすぎることはないのです。
痛いのを減らしたければ、そういった痛みを与える施設に行かなければいいだけの話。



痛みについてのカテゴリーまとめこちらから
痛みに関していろいろまとめてあります。
心配な方は是非読んでみてくださいね。





プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR