広→狭 へ

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は埋没法ですが
少しいつもと違う感じのお写真を。


順にお写真を見ていってください。

後

目頭から伸び、全体に幅の見て取れる二重ラインの目です。

埋没法を行っているのですが
ちょっと広すぎ、に感じてしまう、と。
もっと狭いラインにしたい、とのことです。



ということで・・
中
糸を取りだし、元々の目に戻しました。
一重まぶたの目ですね。
この目に一枚目のお写真よりも狭いラインを生み出していきましょう。




改めて左右の目に埋没法を行っていきます。
後後
外側中心に幅の見える、狭い二重まぶたラインに生まれ変わりました。

一枚目のお写真の幅
三枚目のお写真の幅
どっちの方が好み、というのは分かれると思います。
でもどちらの二重ラインだとしても
おかしい、だとか 問題がある、だとかというものではないので
当人の好きな方でよい、と思います。

ただ、狭くする場合は糸を取る必要があるので
今回のケースも糸を取って元のラインに戻したのち
その取る手術の腫れが治まってから
改めて埋没法を行っています。
スポンサーサイト

さりげなく、でも確かな変化を一重の目にもたらす。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法のお写真です。
一重の目、ラインを生み出してパッチリ目にしたい!
最もポピュラーな願い、かもしれません。
広くしても、狭いラインにしても効果的な変化を見せるし
満足度ももちろん高い、と言えます。


では手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
一重まぶたの目です。
細かく、細かく見ていくと左はややラインがあるかな?という感じで
ごく狭い奥二重の目、というのが正解なのかもしれません。
埋没法の力を借りて、左右に幅のあるラインを生み出していきましょう。


手術終了直後です。
直後
両目ともにラインが生み出されました。
現時点では手術直後、ということでやや目が重くなっていますが
(ちょっと眠たそうに見えるかな)
しっかりとしたラインが主張しているのもわかりますね。


最後は1週間目です。
一週間
最後は笑顔で(笑)
もう普通に二重の人、ですね。
ラインがもう自然、こなれた感じです!
非常にいいですね。
広いライン、というわけではないのですが
目を映えさせる良いライン。
派手ではなくともこういった変化にあこがれる人は多いと思います。


自然で美しいラインがこれからも生み出せ続けられるなら
本当によいなあ、と僕自身感じるお写真です。

ちょっと差のある目、左右とも、幅を広げる

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法でライン幅を広げた例です。

さっそく見ていきましょう。
まずは手術前から。
手術前
ちょっと差のある目ですね。
左右共に広げていきましょう!



埋没法を行って、直後のお写真です。
直後
大きな腫れはないのですが
下のお写真と比べるとどことなく重い感じ。
糸がついたことで一時的に重くなっています。
やや開きが悪くなる=眼瞼下垂のような状態になっているわけです。
ただ、これはどんどん落ち着いてきます。



ということで最後は1週間目です。
一週間
落ち着いてこんな感じです。

三重まぶたになっているのがわかります。
このラインが何本か見えるパターン
構わない、という人と、気になるというひとに分かれます。
かなりの割合の差で気にしない人の方が多いのですが
中には気にされる方もいらっしゃいます。
カウンセリング時のシミュレートでそのあたりはわかってきますので
三重を気にする、という人の場合には
その時にしっかりとチェックするのがよいでしょう。

広げて平行まぶたにする際や
ラインを広げる量が多いとき(大きく幅を変えるとき)にわかりやすくなるので
気になる人は注意、です。

ただ、メイクをしてしまえばわかりにくいですし
そもそも、元々二重幅の広い人には自然にもありえるものなので
容認していくのも十分あり、だとは思います。


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR