FC2ブログ

ラインを広げるための埋没法

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は埋没法でラインを広げた例。
さっそく見ていきましょう。

まずは手術前。
手術前
しっかりしたラインが元々存在しています。
こういった場合、広げすぎると三重まぶた、下のラインが目立ってしまう場合もあります。
このあたりは気にする人、気にしない人に分かれます。


埋没法を両目に行った直後のお写真です。
直後
手術直後でちょっとだけ目が重くなっていますが
大きな腫れはありません。
今回のケースでは三重ラインも目立たなそうです。

最後は1週間目。
一週間
目の開きも戻り、アイメイクも加わり良い感じです。
ほとんど違和感なく、広いラインに移行できたのではないでしょうか。
広いラインも合いやすい目なので、スムーズでした。

広いラインが可能、不可能はその人の目によってかなり差があります。
カウンセリング時にそこを見つつ
どんなラインが可能なのか
そのラインが自分にとって良いもの(好きなライン)なのか
しっかりとつかみ取っていきましょう。

すこし変化してきた二重の目、左右をうまくそろえて安定させる

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法の例です。


さっそく手術前のお写真を見てみましょう。
手術前
左はラインがありますが、不安定とのこと。
右はクセもほとんど見受けられない。
ここにラインを生み出していきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
手術終わったばっかりですが
術前よりもむしろバランス取れてますね。


左、ほとんど腫れてないですが
右目だけの埋没法ではありません。
両目の施術です。↓
閉眼
目を閉じたときはこんな感じ。


というわけで最後は1週間後。
一週間
メイクも加わって、ほぼほぼ完成形。
左右差を埋めて良い感じ。
大きな腫れもなく、すんなりとした経過だったケースです。


年齢を重ねていくと
いままで無かったラインが上の方に出てくることがあります。
目の上がくぼんでくると、そういったことは非常に多い。
ラインが不安定だったりあやふやだったりするのもよくあるパターン。
なのでラインを埋没法でうまく安定させたのが今回の例です。

腫れも少なく、目を映えさせるラインを生み出そう。

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法です。
一重→二重の変化です。
一重からの変化は非常に効果的なことが多いです。



まずは手術前から。
手術前
両目ともに一重の印象。
左右の目に埋没法を行い、ラインを生み出していきましょう。



埋没法直後です。
直後
大きな腫れもなく
二重瞼のラインが生み出されました。
ただ、なんとなく目が重い感覚はあると思うので
そこから、ちょっと目に力が入った印象になっています。

埋没法直後は
実際に目の開きがちょっと落ちる人と
こういった風に目に力が入って、気合が入った?ような感じになる人がいます。
今回は後者。
どちらも割とすぐに慣れてきます。



最後は1週間目です。
一週間
すっかり落ち着いています。
良い感じです!

ラインが目を映えさせていることがわかりやすい例ですね。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR