埋没法+目頭切開の長期経過写真

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は長期経過のお写真です。
目頭切開と埋没法を行い約10か月経過してからのお写真を見てみます。

手術前
手術前


約10か月
八か月
目頭切開は右側は少しの変化 左側はそれに合わせて、なので少し大きめの変化といったところ。
もともと目頭部分には左右差があったので
それをそろえていった形です。
傷・手術跡はすっぴんでもずいぶんわかりづらいです。
いい感じの経過をたどっていますね。


左右を揃える、という施術を行う際
どれだけ変えるかを調整して(この場合だと左目はより大きい変化を加える)
という点がもちろん大事なのですが
もう一つ別な観点
どれだけ「もっと変化できる余地」を残すか
を僕は非常に重視しています。
”残す分の量を合わせれば左右がそろいやすい” といった感じでしょうか。
(うまく表現できずに申し訳ないです)
左右差がある例だけでなく
目頭切開を両目行う場合はいつでもこの点について留意しています。

どうしても左右差は細かい意味では生じるのででしょうけれど
「どのくらい変える」
「どのくらい残す」
この両方の視点から考えて
なるべく両目が揃うようにしていく。

僕の手術を受けた方はわかるかと思いますが
手術前のデザインの際
寝てもらってしるしをつけたり確かめたりすることも多いのは
この「どのくらい残す」がそろうように確かめている、といったところなのです。

一つの視点からではなく
この二つの視点から考え
あとは長く行ってきた経験則を組み合わせて
デザインしている、というのが
僕が日常目頭切開の際に行っていることです。
この考え方に基づいていくと
左右揃った形を作りやすい、と常々痛感している次第です。
スポンサーサイト

目頭切開 時間の経った状態はどんな感じ? 半年後編

ドクター松井クリニック 松井です。


目頭切開の長期経過シリーズです。
今回は半年後のお写真を撮らせていただきました!


では時間を追ってお写真を並べていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前


目頭切開終了直後です。
直後
糸がついているのがわかりますね。
ちょっと目が開きにくい感じになっています。
麻酔の影響だったり、手術での疲労だったりですが、これはすぐに治ってきます。



抜糸をしました。(5日後)
抜糸時
ちょっと赤みはありますが
この患者様の場合、内出血はほとんど見られません。
もっと出る方も当然いらっしゃいますが1週、2週でどんどん消えていきます。


2か月経過時点
二か月


最後は半年経過時点。
すっぴんの状態でお写真を撮らせていただいています。
半年
お会いしても、手術跡はほとんどわからず
気になる、ということはないと思います。
ご本人からもOKいただきました!
非常にいい感じですね。


目頭切開に興味ある人であればお分かり頂けると思いますが
大きな変化ではないものの
蒙古ヒダを取り去るという
目頭切開の効能が見て取れる例と言えます。


他にも 目頭切開で長い時間経過した例を記事にしています。
目頭切開の症例、長期的な結果を追った例はこちらをクリック
ご興味ある方はぜひチェックして参考にしてみてください。


短期的経過(1か月まで)の記事もたくさん書いています。
こちらはかなり数があります。
目頭切開の症例写真集はこちらをクリック
こちらも是非。

目頭切開 1か月後と2年を比べてみよう

ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目頭切開の長期経過のお写真です。

つい先日目頭切開を受けた患者様が
ブログの目頭の症例写真は全部見た、とおっしゃってくれたのですが
長期経過の症例写真集があるのには気づいていなかったので
もうちょっと工夫をしないといけないかな、と思いました。
ブログ記事のカテゴリーで ”目頭切開症例写真” ”目頭切開 長期経過のお写真”とわけているので
わかりにくかったり、気づかなかったり、になってしまう、と。
どう工夫すればよいか考えてみます!


ということで今回のお写真は
片目の目頭切開。2年経過時のお写真を掲載します。


まずは手術前。
手術前
左のヒダのほうが微妙に気になる・・との訴えで
左目頭をほんのすこしだけ変化させていきます。

直後でこんな感じです。アップで見ます
直後
糸がついているのがわかりますね。
あと内出血で青くなっています。


さらに経過を追っていきます。
手術から1か月経過の時点です。
一か月
傷のあたり、やや線が目立ちます。
実際にお会いするとそうでもないのですが
写真だと影になって見える感じ。
上の糸のついているお写真と比べて微妙に影は右寄りで
まだ傷の部分が固くて、ちょっと押されて陰影が見えやすくなっている状態かと。
もう少し様子を見て、この部分がさらに治っていくのを待ちます。


そして時は流れて・・
2年後に別件で来て下さった際にお写真を撮らせていただきました。
二年
傷の部分はすっかり目立たなくなっています。
ちょっとしたら気にならなかった、とご本人はおっしゃっておられたので
途中経過のお写真も見たかったところです。
(2年経ってやっと治った、という話ではないので誤解なきよう。)

しかしながらずいぶん手術跡がきれいになっていて
(というかほとんど見てもわからない)
非常に良い感じですね。
ごく自然。


ただ変化としては写真上はほとんどわかりません。
でも本人からすると、蒙古ヒダの立体感が減って
非常に満足度は高い、とのことでした!
細かな変化ではありますが、こういった例もあります。



他にもいろいろ掲載しているので
ぜひチェックしてみて下さい。
目頭切開の症例写真集はこちらをクリック
目頭切開の症例、長期的な結果を追った例はこちらをクリック
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR