目の横幅を変え、左右の目を近づける。

ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目頭切開のお写真です。

左右の目を近づける、目と目の間の距離を狭くする
そういった目頭切開の効能がわかりやすい例ではないかなと思います。

経過を追って見てみます。
まずは手術前のお写真。
手術前
このお写真だけだとわかりづらいですが
蒙古ヒダの影響で隠れている部分が結構多めな目です。
ヒダを解消するべく、目頭切開を両目に行います。


手術直後です。
直後
微妙な腫れもあって、少し引っ張られている感じで
ちょっと過剰に見えています。
でも変化の方向性は明らかですね。

続けてみてみます。
抜糸時(5日目)です。
抜糸時
目が横方向に拡大されているのがはっきりとわかります。
目と目の間も近づいていますね。

最後は1か月目。
一ヵ月
手術跡はまだすっぴんだとこんな感じ。
だんだんと傷が落ち着いていくので様子を見ていきます。
まだ、わかる、と言えばわかりますね。
メイクしだいでほとんど隠せる感じです。

目頭の形自体はさっきの抜糸時の写真とほぼほぼ同じ。
この感じでより傷が落ち着いていきます。
ということで、先ほども記しましたが目の横方向への拡大と目と目の間が近づいた、という変化。
1枚目のお写真と比較すると
大人っぽい印象がプラスされた、と言えます。
どちらかというと大人っぽい方向、美人系の方向への変化
それが目頭切開の効能です。

1枚目と4枚目、比較して
どちらが良い、というのは一概には言えないですが
好みによって分かれてきて
どちらがダメ、というのは無いです。
なので目頭切開を受けようかどうか考えている、という人は
いろいろな症例写真を見たり
更にはカウンセリング時に自分の目でシミュレートしてみて
自分の目で可能な変化が好みかかどうかを確かめていきましょう。



スポンサーサイト

目頭切開について、当ブログの特徴として「長期経過の写真集」をあげることができます。


ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



「腫れない」を目指すブログ、ということで埋没法がメインテーマであるはずはあるはず、なのですが
ブログの写真でこのところ多いのは目頭切開です。
1月はコラム記事の感じで書き続けよう、という風に文章を書き続けていますが
その間にも目頭切開の写真が多くたまってきています。
実際当院は目頭切開が非常に多いです。
そういったわけで当ブログは目頭切開の症例写真をかなりの数掲載しています。
目頭切開の症例写真集はこちらをクリック
参考になった、という声もいっぱいいただき、こちらも嬉しい次第ですが・・
目頭切開のお写真例について、当ブログの特徴でもあり、誇るべき点は他にもあります。



”目頭切開手術はどんな経過をたどるのか?”
この点に関する質問はほんとうに多数受けます。
手術跡、傷がどう治っていくのか?の点です。
そこの部分について参考になる、と思われるのが
年単位で経過した”長期経過の御写真”もまとめたものです。
目頭切開の症例、長期的な結果を追った例はこちらをクリック

1年、3年、4年、5年etc・・・といったけっこう時間が経ってからのお写真群。
(協力してくださった患者様ありがとうございます!)
こういったお写真を掲載しているのが当ブログの特徴、長所の一つ、と自負しています。


手術から時間が浅くてもメイクしだいで隠せる傷跡がほとんどである、とは思いますが
長期的な経過の上ですっぴんで跡がどうなっているのか
何年後にどんな風に残っているのか? 
みんな気になる点だと思うので是非覗いてみて、参考にしてください。


ひとりひとりを手術して
モニターの方ひとりひとりのお写真をアップして・・
ご協力いただき、年数の経ってからのお写真をまた撮らせていただき、またアップして・・
積み重ねて行ってきた当ブログの財産でもあります。


目頭切開の変化の”結果”、と共に”経過”の部分。
不安に思っている人に勇気を与えることが出来れば、と思います。

横方向に変化を出すことのできる施術、目頭切開

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は目頭切開の症例です。

先日、目頭切開の長期経過のモニター写真に協力してくださる方がいらっしゃれば、と
この場で呼びかけたところ
今日さっそく申し出て下さった方がいらっしゃいました。
お写真も無事撮影することができ
また長期経過のカテゴリーの記事に投稿していきますので
是非チェックしてみてください。
ありがとうございます!


では今回のお写真
ビフォー・アフターで比較していきましょう。
上が手術前、下が手術から1か月目です。

手術 前

一か月

大勢に影響は無し、という感じではありますが
よく見るとやはり目の横幅は変わっています。
お写真よりも実際に見るほうがしっかりと変化をしておりました。
傷もまだ完全には治っていないにせよ
この1か月目の時点でもかなり目立ちにくくなっており
もうほとんど気にならない、との談でした。


こんな感じの変化は
横方向に目を大きくしたい

目を近づけたい、より目を大きくしたい
という希望の場合に有益な変化となります。
自分にとって必要な変化かどうか、というジャッジが重要になってくるので
そこをしっかりと考えていくことが大事です。
変化させすぎても、させなさ過ぎても大満足、といかなくなるので
そういった点も含めて考えていきましょう!
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR