埋没法 ~手術直後の目・目を閉じたときを見てみよう~

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は埋没法のお写真を。
直後の目を閉じたときのアップ写真を掲載するので参考にしてみてください。
手術が終わってすぐ、なんてときは閉じたらどんな感じだろう?
気になる人は多いのではないでしょうか。
閉じたときの目のアップを掲載して、レビューしてみますね。

まずは手術前、手術直後のお写真から。
手術前

直後

ということで手術が終わってすぐ、の目を閉じたときのお写真を見てみましょう。
右アップ
右

左アップ
左

実は変に陥没していたりはしていないのです。
腫れの少ない方法を行うと、食い込みは多くありません。
変に食い込んでいるときは腫れも多いことがほとんど。

陥没はしていないけれども、ちょんちょんと点がついていますね。
赤い点。
針&糸が通ったところです。
この点々は数日でかなりわかりにくくなってしまいます。
幸いこの時点で強い内出血は出ていません。
糸を通すときにどうしても多少の内出血が出てしまうケースもあるのですが、今回はこんな感じですね。
少ないながらもダメージがあるので、後で少し内出血が出てくることもあり得ます。
メイクでうまく隠していくのがよいでしょう。

手術の後、特に当日ですが
温める、血行を良くするというようなことをすると内出血が出てきたり、広がったりしやすくなるので注意です。
ただ、内出血がある程度多く出てしまったとしても
時間が経てば経つほど、どんどんひいていきます。
1週間でもけっこう違うし
かなり多く出たとしても(切開法のときはかなり出ます)2週間あればほぼひきます。
あとは上にも書きましたがメイクでうまく隠していくのがポイントですね。

開眼時も腫れは少ないですね。
やや目が開きづらい感じが出ていますが
これは手術直後のみでどんどんおさまっていきます。

ということで最後は1週間目。
一週間

ビフォー・アフターでいうと結構大きな変化が見てとれますね。
良い感じです!!
スポンサーサイト

埋没法 目を閉じたときの糸のはなし

ドクター松井クリニック 松井です。

今回は埋没法の糸の跡について。
先日、埋没法直後の目を閉じたときの話、なんてのを書きましたが
今回は時間が経ってからの話。


まずはお写真見てみます。
ちょうど2年前くらいに手術を受けられた患者様
右目が戻ってしまったのと、右目内側、目頭よりの糸が気になる、ということで
糸取り+埋没法を行う計画をたてました。

手術前、目を閉じたときはこんな感じ。
閉じ前2
本人気になっている部分の糸、わかりますか?
この写真だとあまりわからないですね・・

この写真ではどうでしょう?
閉じ前1
糸の黒い点がなんとなくわかるでしょうか?
さっきのお写真よりはわかりやすいかな。
糸の結び目の部分が黒い点となっている、と。

写真ではわかりにくいのですが、内側の糸はこの黒い点のところが
やや盛り上がっています。 ポコッとしているというか。
むちゃくちゃ隆起しているわけでもないので
実はよく見ないとわかりにくいはわかりにくいし
写真だとうまいこと写せない、というか。

外側の糸は、目を閉じたうえでしっかりと観察すればあるのがわかります。
でもポコッとはしていません。
こっちは上の写真の方がわかりやすいかな。

どうでしょう?2枚を見比べて糸の跡わかりましたか?
この方の場合はそこまですごくわかる、というものでもないかな、どうかな、というところでしたが
中には、糸のあとが3個、4個とボコボコして見える人もいます。
もっともっとほんとにボコボコしている、というか。

からだを直そうとするシステムの結果、糸の結び目のまわりに繊維が形成されて
どうしても多少隆起してしまう、という場合もあるにはあります。
糸を取ろうとすると、以外と奥の方に結び目があったりすることも時にあるのです。

あとは糸の結び目がやけに大きく結んであって
その上でうまく埋もれずに浅い部分に結び目が来てしまっている、なんてパターンもあります。
結び目がうまく小さくできれば、と考えながら行っている医師が現在では多いですね。


・・・・
ということで今回は前回の糸2本は抜糸し
改めて2本糸を入れなおして、という手術となっています。
手術直後の目を閉じたときのお写真をさらに見てみます。
閉じ後
少し赤みの強い2か所が糸を取ったところで
あとは糸の通り道の部分も針穴赤くなっています。

先に書いたように結び目を小さくして
あとはうまいこと埋没されるように工夫も凝らし・・
といったところ。


こういったように「糸の跡」気になる場合
抜糸してつけなおしをしてみるのも一つの手です。
どうしても少しぽこっとしてしまう、なんていうのは
低い確率で存在するので、そこを改めて行うことでより目立たなくできれば、という感じです。

ちと長くなったので
この症例の続きは次回!

”手術終わってすぐ”ってまぶたはどんな感じ?

ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目を閉じたときのお写真にフォーカスをあてて症例を見ていきましょう。

埋没法の患者様です。
まずは手術前。
手術前

埋没法が終了し直後です。
直後
まだ腫れはあるのでしょうけれども
この時点ですでに目は大きく見えていますね。
はっきりした印象になりました。

といったように
埋没法でラインが良い感じで生み出されたわけですが・・
目を閉じたときって
手術直後はどんなかんじなのだろう??
この疑問、不安を口にする方は多いわけです。
このブログでもちょいちょい写真は掲載していますが
今回も見てみましょう。

目を閉じたときのお写真です。
閉眼
手術直後でこんな感じ。

赤いぽつぽつが点々と見えますね。
僕が主に使う方法だと
この点は目立つもので4~7個くらいの間であることが多いです。
目のかたち、希望のラインによっても変わってきますが
良いラインを滑らかに出すために
まずデザイン時にシミュレートしたラインを丁寧になぞって点を書いていきます。
この際血管の位置の関係等でも位置、個数がかわることがあります。
(良く見るとまぶたには細ーい血管がいっぱいあるのです)

あとは内出血が出てしまうかどうか。
どうしても青あざが出てしまうケースもありますが
日を追って消えていくので様子を見ていきます。
避けれる範囲ではもちろん避けたいので
先ほども書きましたが血管の位置。
見える範囲ではうまく避けるようにデザイン時、手術時に留意していくわけです。
今回は赤い針穴(糸の通った部分)のみですね。
ただ、時間が経って内出血が出てきたり、広がったりする場合もあるので
そこも様子を見ていって、メイク等でうまく隠すことだと思います。
針穴の赤い点もメイクで隠してしまえば
問題なくわからないと思います。
ただ、数日もすれば点はわかりづらくなってくることがほとんどです。



PS
前回、前々回の記事がなぜかうまくアップされていなくて
今日夕方にアップし直しました。
なんでだろう!?びっくりしました。
アップしているのでチェックしてみてくださいね。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR