現時点でのモニター価格について。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回はモニター施術について書きます。
当院では通常の価格での手術の他に
割り引いた価格でのモニター手術、というかたちで施術を受けることも可能です。



その場合の条件として
目元のお写真を撮影させていただき、主にブログで使用させていただいたりしています。
当ブログで見る、目のアップ、というかたちで使わせてもらうわけです。
当日、施術前・施術後に写真を撮らせていただき
あとは埋没法のモニターであれば約1週間後
切開系のモニターであれば、抜糸時、約1ヶ月後
といったふうにお写真を撮るために来院をしていただくことが必要となります。

埋没法、目頭切開、全切開のモニターを随時募集しており
写真撮影の点以外は通常の手術と特に差はありません。
募集する日にちとしては基本的に平日。
土日祝祭日は募集していません。
(後はお盆や年末年始など特定の時期は募集していないので詳しくはお電話でお問い合わせください。)



価格としては

埋没法モニター施術    97200円(税込)
目頭切開モニター施術  162000円(税込)
全切開モニター施術    280800円(税込)

というようになっております。


ブログへのお写真掲載についてご協力いただける方は
上記の割引価格での施術も検討してみてください。
お問い合わせは
Free Call 0120777695  までご連絡くだされば、と思います。
  

現時点(2018年1月)での価格はこういったところで
あまり変動せず、しばらくこの価格で続きます。
変化のある際は当ブログでおしらせしますので
それがその時点での価格というかたちで宜しくお願いいたします。




もちろん埋没法モニターが基本的に一番人数が多いですが
当院の特徴としては、目頭切開モニターの人数がけっこう多いことかな、と思います。
また、全切開は慎重な人が多いせいかモニターでの施術を受ける人が少ないのも特徴かなと思います。
もちろん全切開のモニターも募集しているのでご検討宜しくお願いします。
まずはカウンセリングに来ていただいて
どんなことが可能かをチェックして、共に考えていきましょう。
自分の求めるものが手術で可能であれば、施術に踏み切る、という選択は十分に有用なものだ、と言えるでしょう。
スポンサーサイト

どんなラインを希望する人が多いのか?

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい



モニター募集をもうすぐ開始するわけですが
モニターになる条件としてどんなラインにしたいか?というのは問いません。


10年くらい前に比べると
幅の広いラインを求める方は多いです。
平行型の華やかな二重は人気も高く、そういったモニター写真に興味を持つ人はかなり多いです。


前のクリニックにいた時には
そういったラインの僕の施術したモニター写真を携帯の画面メモにいれて
「こういった感じで」、と見せてくる方はすごく多かったです。
そういった感じで
ある程度の広さの平行型のライン、というのは今一番人気なのかな、と思います。
(ただかなり広め、という人は1~2年前に比べると減ったかなという感じです。時代時代によっても微妙に違うのです。)




でも写真の反響はそういった広めのラインだけではなかったのです。

かなり控え目な奥二重だけを生み出す変化。
実はこういう希望の方もかなり多くの人数が来てくださっていたのです。


微細な変化。
ほんの少しだけ、化粧を変えたのかな?なんて思われるくらいのわずかなラインの変化。
こういったパターンも密かに人気は高い。



一重まぶたの人が非常に狭いラインの奥二重を形成して
ほんのり優しい目にする。
二重まぶたの人がちょっとだけラインを広げる。
かなりの人数の方がこういった要望で来られていたのです。
トータルでいうと上記の広めのラインより多い人数かなと。
根強い人気なわけです。



今回のモニター募集も、ほんの少しだけの変化を求める人も大歓迎です。
もちろん広めのラインの方も。(前述したように末広型→平行型の希望は多い!)
どんなタイプのラインでも、後の方のためには参考になると思うからです。
モニターの質問は
drmatsui@hotmail.co.jp 
までお送りください。
もうすぐ先行予約開始です。




あとは繰り返し書いている
手術が可能かどうか、という点がポイントですね。
自分の希望がどこにあるか?
そしてそれが可能なのか?
そこはカウンセリング時の診察とシミュレートで確かめていきましょう。




PS
拍手コメントへの返事です。

>なーさん
冷やすのも意味があると思いますが
やはり時間だと思います。
そこは様子を見ていくしかないです。
腫れがあまりに強い、食い込みが強い、といった場合は少し時間がかかります。



>さくらさん
切開、目頭切開は同時施術可能です。
あとは 全切開法を行う際には脂肪の処理も可能です。


>ゆうさん
どちらが先でも可能ですが
目頭切開を先に行うほうがラインをいろいろと計画しやすいかもしれません。


>吉○さん
ご無沙汰してます。ありがとうございます!
メールいたします。


>ゆこさん
もちろん同時に可能です。
目頭切開はその人の目にあわせて方法を考えますが
僕がメインで使うのはZ形成を応用した方法です。
カウンセリング時には図示していろいろ説明します。










モニターの条件、昨日のつづき。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい




昨日、一昨日とモニターについて書いてきました。
そちらも合わせて読んでみてくださいね。
モニターの条件について、今日も少し。


第一の条件としては 「手術可能なこと」

と昨日書きました。
ここは当然最も大事。手術できなきゃモニターにならないのは当然。
診察して何が可能かをみていく、というようになります。



あと昨日書かなかったこと
モニターの条件で必要なのは 
写真を撮るため もう一度来院してもらうこと。


当日は 手術前、手術後の写真を撮ります。
そして大体でいいのですが1週間後くらいにもう一度写真を撮らせて頂きます。


この写真は
目の部分のみの写真となります。



以上、来てもらうことと、写真を撮ることも条件となるわけです。
そのあたりがオッケーかどうかというところで
モニターとして受診するかどうかを検討してもらえれば、と思います。



後はアンケートにも答えていただくことになるので
そこもお願いいたします!
アンケート作成せねば...!


モニターについてのお問い合わせは
drmatsui@hotmail.co.jp 
までメールをお願いします。
発表してから反響が大きくて嬉しいです。


ちなみに。。
よく巷で言われること

「モニター料金で安いから適当にやられる」
もしくはその逆で
「モニターの人だけ特別に対応が良かったり丁寧な手術をする」

そういうのはないです。
みんな一緒の扱いです。そこはご安心ください。





PS
拍手コメントへの返事です。

>ありさん
手術可能であればモニター可能です。
診察の上で、となりますので
そこはご了承ください。











プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR