目頭切開、アップの写真で見てみよう

ドクター松井クリニック 松井です。

今回は目頭切開のお写真を。
ここのところ・・目頭切開の問い合わせや質問etc多数ありがとうございます。
このブログも意外とひろく見られているんだなあ、とちょっと嬉しくなります。
受ける、と決めるにせよ 
受けない、と決めるにせよ
このブログや相談メールが何らかの役に立った、というなら幸いです!
メールは drmatsui@hotmail.co.jp こちらです。


ということで今回は・・ちょっといつもと違う雰囲気で。
アップで多数撮った症例あったので
どアップで経過を見て、変化のほどや傷の具合を見てみましょう!


まずは右
手術前
右前
    ↓      こう見るとヒダはけっこう強いですね。
直後
右後
    ↓
抜糸時
右
ちょっと抜糸したばっかりで傷がヒダのように見えるかも、ですが
蒙古ヒダを無くした、という様子がわかりますか?
そのあたりは左の方が写り的にわかりやすいかな、と。

左 
左前
    ↓     
手術直後
左後
    ↓
抜糸時
左
という感じに、むちゃくちゃ大きな変化というのではないですが
ヒダの部分をずいぶん解消しているわけです。
もともと手術前から目頭側の赤い粘膜部分はわりと見えているのですが
ヒダ自体はけっこうあるので、こういった変化をつけることが目頭切開で可能となりました。

もともと赤い部分がものすごく隠れている人は
変化を大きくつけやすくなります。
そして変化を少なく、という手術もできるので
そこはどこまで変化させるか、ではあります。


こういった風に
「ヒダが無い方が良いから目頭切開を受けたい」的な希望の人は
過去に比べ、少しずつ増えてきた感じがします。
同じような思いの人には参考になる記事かと思います。



スポンサーサイト

目頭切開でヒダを取り去り、より広いラインの似合う目ヘ一歩近づく!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開のお写真です。


まずは手術前からです。
手術前
隠れている部分はそこまで多くないのですが
蒙古ヒダは強く見えます。
ヒダをとりさるべく、両目に目頭切開を行いましょう。


手術から1か月目です。
一か月
まだ傷が完治はしていないのもわかりますが
こういった具合まで落ち着いています。


全体としての目の印象は大きく変化していないものの
蒙古ヒダをとり、横方向に目を拡大しているのがわかります。
実際にお会いする方が変化がわかりやすく
本人も、この変化が生まれたことにより
もっと広い二重ラインが欲しくなっている、とおっしゃっていました。


蒙古ヒダの無い目でも
ラインが狭くても問題はないですが
蒙古ヒダのある目よりも
広いラインがより自然に見えやすいのも確かです。
目頭切開にはそういった効果もあるわけですね。

より大きく目を見せるための
いろいろなアプローチのひとつとして
重要な役割があるのが目頭切開なのです。

細かな変化でわかりにくいかな?でも確かな変化→目頭切開

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目頭切開の症例。
ヒダのつっぱりの少ない方の症例です。
前回の記事はヒダの解消、なんてタイトルでしたが
また違ったパターンともいえるかもしれません。


では解説・お写真を見ていきましょう。
まずは手術前。
前
もともとけっこう目頭側の赤い粘膜部分が見えています。
蒙古ひだのつっぱりも多くはないので
ちょっと目頭切開での変化が多くは無い目です。
でも目と目の間が離れていることもあり
いけるところまでは変化させたい!という希望で施術を行うこととなりました。


目頭切開の施術から1か月目です。
後
目の変化だけ見るとわかりにくいかもしれません。
でも、両目が少しずつ変化しているので
トータルで見ていくとけっこう違います。
特に実際にお会いすると、目と目の間の距離は思った以上に変化を見せました。
少しの変化、とはいえど大きいわけですね。

今回の手術は、かなり奥のほうまで出す、というかたち。
無理のない範囲での最大限を行っています。
もっと引っ張るような形にしていく方法もあるのですが
自然さが欠けてしまわないように、と考えています。
無理をした場合には、あとあと徐々に形が戻っていってしまうこともあるので
変にひっぱるような方法は避けています。

ただ、上述したように
意味のある変化を導き出すことができたので
良い形に収束した、と思います。
細かく言えばヒダも左目の方がつっぱりが多かったのですが
目頭部分の左右差も軽減され、整った点も大きいかと思います。



今回のケースを見てわかるように
目頭切開でどのくらい変化させられるかは
「小さい」人もいらっしゃいます。
もちろん逆に「大きい」人もいらっしゃいます。
そういった中、最大限ではなく小量の変化にとどめる人もいるわけですし
様々なパターンが考えられます。
カウンセリング時の診察やシミュレートを通して
どのくらい変化余地があり、どのくらい変化をつけるか
その2点をしっかりと見極めていきましょう。


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR