FC2ブログ

「切れ長」を実現!

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




目頭切開の例を見ていきます。
切れ長にする、という目頭切開の持つ能力を見てみましょう。


まずは手術前です。
手術前

1か月後です。
一か月後
すっぴんでこんな感じ。
まだちょっと手術跡の傷が色がありますね。
メイクでより目立たなくできるので、しばらくはその力に頼っていきましょう。
やや残る人がいるのも事実ですが
より時間が経つとずいぶん落ち着いてきます。


そして冒頭にも書いた切れ長にする能力。
大きな変化をくわえていないものの(それ故に不自然さは無いですね。)
2枚のお写真を見比べるとわかりますね。
同時に目と目の間の距離も近づいています。

かわいい系→美人系への変化とも言えるので
目頭切開を受ける・受けないはこのあたりの好みによって分かれてくることでしょう。
「あかぬける」という言い方をする人もいますね。
大人っぽい印象を加えるので、そういった言い方になってくるのでしょう。


腫れや内出血、さきほど書いた傷
などといった副作用の他には
目頭切開の持つそもそもの能力による印象の変化
ここが良いか、悪いかになってきます。
自分にとって有用な変化なのか否か。
この判断は重要です。

大きく変化させる、小さく変化させる、の調整は可能なので
カウンセリング時にシミュレートを通して
自分の目だとどういった形になっていくのかを実感してみてください。
そこから手術を実際に受けるかどうか判断していきましょう。

スポンサーサイト

ちょっとだけれど確かな変化!

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回はちょっと細かな変化の例。
目頭切開の症例です。

上が手術前
下が1か月後です。

手術前

一か月

あんまり変わらないようですが・・
コンタクトで黒目が大きくなっているのがわかりますね。
それなのに白目部分の面積がちょこっと大きくなっている。

もちろん黒目が大きくなるとそこに隠されて
白目の部分は小さくなるはずなのですが
目頭切開の効力で、微妙に蒙古ひだの影響でみえていなかった白目部分が出てきているからです。
それにつれて、目と目の間の距離も縮まっています。
これは実際にお会いするほうがわかりやすい部分。

変化はちいさいけれども
細かい意味では確かな変化を見せ
受けた本人、ご自身の満足度が高いタイプの手術です。
変に印象を変えすぎず
でも印象を変える。
こんなタイプの変化を望んで手術を希望される方も多いです。


目を大きく見せる埋没法+目頭切開

今回は埋没法と目頭切開の組み合わせ例です。
縦・横両方向にめを 拡大していく例を見ていきましょう。

手術前
手術前
ひとえまぶたの目です。
ちょっとアイプチ?であれているかな。
蒙古ひだもわりとしっかりと存在しています。
埋没法と目頭切開両者を行っていきましょう。


一か月後です。
1か月
縦方向にも横方向にも目が拡大したのがわかりますね。
主張する幅のラインも生み出され
蒙古ひだはなくすくらいの変化はさせていますが
完成したフォルムはナチュラルです。
良い感じですね!

傷の部分がまだちょっとわかる感じで
ややヒダのように見えるかな?どうかな、というところですが
襞やシワではなく、やや色味があってそう見えています。
もうしばらくでもっともっと落ち着いてきます。
うまくメイクで隠して様子を見ていきましょう。

腫れや内出血、傷が残る可能性といった副作用はあるものの
二つの手術の組み合わせで目を大きく映えさせることができています。
手術を受ける、と決めるには
上記したようなリスク含め、いろいろ悩みは尽きないでしょうけれども
カウンセリングを通して、できること・できないことをはっきりさせ
良い形で手術に臨むことができれば、と思います。


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR