FC2ブログ

細かい差を合わせたケース

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回はかなり細かいかな・・!
右目だけの目頭切開です。

まずは手術前。
手術前
ほんのちょっとだけ左目頭の方が細い形かな、と。
右目頭の方が少し丸みを帯びている。
右をすこしだけ尖らせる、というか細くするというか。


右目に目頭切開を行い、1か月後です。
一か月
目の横幅をそろえて
目頭の形も似せてみました。
もともと大きな違いではなかったものの
この方が左右揃ったのではないかな、と思います。
皆さんのジャッジはどうでしょうか?

元の写真の、このくらいの差だったら
傷が残る、ダウンタイムがある等のリスクを背負うよりは
やらないほうがいいのでは、という人もいることでしょう。
この方の場合、良い形も出て傷の治りも良いので
リスクの賭けに勝った、というと変な言い方ですが
結果につながってよかったと思います。

施術を受ける・受けないの選択肢は本人の考え方次第ですね。
あとは・・任された場合には、こちらはできることを全力で行っていく!
それに尽きます。

スポンサーサイト

一重まぶたの目にラインを。

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法のお写真を。
一重まぶたの目にラインを生み出し
目の印象を変えていきます。


まずは手術前です。
手術前
なんとなく線は見受けられますが
ぼんやりした物にすぎません。
しっかりとしたラインに生まれ変わらせて
二重まぶたを確立していましょう。


埋没法を両目に行いました。
直後のお写真を見てみましょう。
直後
ラインが生み出されているのがわかりますが
すこしだけ目が重くなっています。
糸の負担が加わったこととがメインで
麻酔の影響も多少あります。

ただ、目がやや重くなっているのですが
一重まぶた→二重まぶたという変化で目が大きくなっているので
1枚目のお写真よりも開きがよくなっています。
次の3枚目を見てみるともっと開きがよくなっています。(極端ではないですが)


ということで最後は1週間目です。
一週間
2枚目にくらべ、ラインが落ち着いたことがよくわかりますね。
目の開きもきちんとしたので
ちょっとラインは狭くなるわけです。

埋没法を受けてすぐは
先ほど書いたような理由で目が重くなることが多いので
それで腫れて見える、というのがあります。
実際のダメージによる腫れ以外に、こんな理由でラインが広く腫れて感じるわけです。


今回は一重→二重の変化でした。
一重まぶたの目にラインが生み出されると
ちょっとした幅であっても
効果的な変化となることがおわかりいただけた、と思います。
柔らかな印象を加えることができるので
好まれることが多い変化ですね。

少しの変化、でも確かな変化。

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は目頭切開です。

見比べていきましょう
上は手術前、下は。手術1か月後です。

手術前

一か月

このちょっとした違い、重要な人には重要だ、ということです。
ちょっとしか変えないならゆる必要なし、と見る人もいるし
そこは価値観次第ですね。
(確かにあまりにもちょっと過ぎる変化の場合は無理に行わないほうが良いか、とも思いますが・・)

ただ、こういったちょっとした変化が効果的に出にくいケースも考えうるので
そこはまず手術前にシミュレートを通して考えていかねばなりません。


お写真の話に戻りましょう。
もともと蒙古ひだが強い感じには見えませんが
ある程度隠れている部分はある目です。
どこまで変化させるか、は好み次第。
不自然さもなく、良い感じを生み出せたのではないかな、と思います。
傷も回復途中でしょうけれどもメイクでほとんど問題にならないですね。
現時点でもかなり良い状態です。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR