やや特徴のある左目 左右をそろえる。

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



今回は目頭切開です。


まずは手術前からです。
手術前
今回ちょっと変わったパターンで
右は普通に蒙古ひだを認めますが
左はやや目頭の形状が違い、蒙古ひだがはっきりしない目。
ただ、蒙古ひだとはまた違ったヒダのような部分というのかシワと呼ぶべきか、はたまた段差というか。
そういった部分を左目には認めます。
お写真をみるとちょっと線のように見えますが、そこがそれです。
ここをなくしつつ、左右をそろえる、というのが今回のテーマです。



ということで目頭切開手術後1か月経過時です。
一か月
まだ傷の治りは途中段階、といえども
左のシワ?ヒダ?という部分もなくなり
左右の差はかなり少なくなったのではないかな、と思います。

今回の場合もZ法で行っています。
傷が見える部分についてしまう、という弱点はあるのですが
どのくらい変化させるか、のコントロールも付きやすく
また、輪郭部分に傷もこないし
戻りも無い、といってしまってよいほどのものなので
変に形が丸くなってしまったりもしない、という観点で
僕はこの方法をメインに用いています。
スポンサーサイト

一重の目にラインを効果的に生み出す。

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください


今回は埋没法です。


まずは手術前から見ていきます。
手術前
うっすらとした線がいくつかありますが
しっかりしたラインではありません。
埋没法の力で、しっかりとしたラインを両方の目に生み出していきましょう。


埋没法直後です。
直後
大きな腫れはないですね。
でもちょっとだけ右目が重くなっていて
目の開きがやや狭くなっています。

麻酔の影響もありますが
基本的には糸がついた影響がメインと考えられます。
もともとの目の開きのちょっとした差も関係あるかとも思います。
でもこのぐらいであれば、すぐに落ち着いてきます。



ということで最後は1週間目です。
一週間
非常に良い感じですね。
ぱっちりとした印象をプラス。

閉じたときは・・
閉じ
もともと薄い線のあるところに施術したので
普通の二重の人が閉じたときとほぼ同様の見た目。
でも左がちょっとだけ内出血しています。
閉じ1
内出血はもっと多く出る人もいるので
気になる場合はメイクで隠していくのがよいでしょう。
もうしばらくで消えていきます。



一重→二重の変化は
さほど派手なラインにしたりしなくても
こういった風に効果的なものになりやすい。
うまく目を映えさせる、よい効果が生み出させた、と思います。





「しっかり変化」、でも変化量は多くはない例

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は目頭切開。
もともとそうかぶってはいない目、というか
蒙古ひだのあまり目立たない目の方に行った例。
大げさではないけれども確かな変化。
いける範囲ではしっかりと変化させています。



まずは手術前からです。
手術前
上記したようにもともと蒙古ひだらしい蒙古ひだはほぼないですが
まだ隠れている部分が存在しているので
目頭切開を行いたい、という希望で来られました。

両目に目頭切開を行って1か月後のお写真を見ていきましょう。
一か月
一見するとわかりづらい変化ですが
涙丘(赤い粘膜部分)が見える面積が大きくなり
(左のほうが変化が大きいですね)
やや離れ気味か?という目と目の間の距離はかなり変わりました。
実際にお会いするほうが変化はわかりやすく、効果的でしたね。
メイクも加わって非常に良い感じです。

一方、手術跡はまだ赤みがややあります。
1か月目の時点ではもっと赤みがあったり、盛り上がりがあったりする人も多いので
ここはじっくり様子を見ていきましょう。



できる範囲ではきっちり変化をつけた例ですが
もともとの目の印象もあって
あまり違和感はありません。
こんな例もあり、ですね。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR